青ひげ赤ひげ

[ショートショート] 青ひげ赤ひげ

 

 アルバイトでお金を貯めて、世界を放浪するのが、その頃の僕の生き方だった。ヨーロッパを気の向くままに旅していた時、まるで絵本のような、森に囲まれた小さくて美しい湖畔に出た。小さいといっても野球場くらいの広さはあり、水の濃い蒼色からして深さは相当にあると感じられた。

 しばらく風景に見とれていたのだが、ナルシスではないけれどふと湖面に映った自分の顔を見ると、随分とひげもじゃで、むさくるしい限りだった。その時はたまたまホテルでもらったシェービングクリームと剃刀を持っていたので、湖面を見ながらヒゲをそり落とした。

 すると驚いたことに、湖の中からしぶきが上がって、美しい女神が現れたのさ。

「あなたの落としたのは、青ひげですか、赤ひげですか?」とこれまた、訳の分からないことを言う。金の斧銀の斧という話は聞いたことがあるが、青ひげと言えば妻殺しの恐ろしい貴族だし、赤ひげと言えば貧しい人たちを救った医者を描いた日本映画だ。殺すと救う、正反対じゃないか。

 僕が「どちらでもありません。普通の黒いヒゲです」と答えると、女神は、

「あなたは正直な人ですね。では、青ひげと赤ひげと両方をあげましょう」と言って、そのまま湖の中へ消えていった。

 それからは大変さ。青いひげと赤いひげが半分ずつ生えてくる。ちょっと伸ばしていると、必ず「何でひげを2色に染めているんですか」と訊かれる。正直に答えても信じてはもらえない。仕方がないから、毎日2回ひげを剃ることにした。

 その後就職して会社員になり、毎日背広を着て、ラッシュの電車で通勤している。十年前には考えられなかった生活さ。

 時々思うんだ。あの女神との出会いが、青春の終わりだったのかなってね。死ぬまでにもう一度あの湖に行ってみたいけど、場所も忘れてしまったし、もう行くことはできないだろうなあ。

理髪店にて

[ショートショート]理髪店にて

 

一か月ぶりくらいに近所の理髪店に行った。家族経営の店ではなく、若い衆を何人も使った、椅子も五脚ある比較的大きな店である。

 髪を切ってもらう間、私は黙って目を閉じ、瞑想に耽っているのが常だが、左の方の客と理髪師はもともと友人同士らしく、大きな声で盛んに話をしていた。どちらも30歳くらいか。退屈なので聞くともなしに話を聞いていた。

店員「〇〇くん、結婚したんだね。キレイな奥さんと」

客「あ、あの娘とボクは付き合ってたんですよ」

「え、そうなの?」

「そうなんですよ、僕、捕まったじゃないですか」

「そうだったね」

「あの娘への暴力で捕まったんですよ。それでその間に、○○の奴とできて、結婚したんですよ」

「へー」

 あまりにヘビーな話に、聞いているこちらもどん引きである。

 ほどなくその客は終わって帰って行った。さて、右の方では、小学校低学年くらいの男の子が、四十くらいの店員に散髪してもらっている。

店員「坊やはゴールデンウィークはどこかに行くの?」

小学生「××リゾートに行きます」

「そうなんだ、いいね。うちは休みがないからね」

 こういった他愛もない会話が続いていたが、

「おじさんは、二十年くらい前はね、ソバ屋で働いてたんだよ」

「そうなんですか」

「今この床屋では『いらっしゃいませ』って言うけど、ソバ屋では『いら』は言わないで、『シャイマセ』だけしか言わなかったね」

「そうなんですね。おソバ屋さんの後は何してたんですか」

「ちょっと人を殺しちゃって、刑務所に入ってたんだよ」

 お前もか・・・

9時からゴディバで

[ショートショート] 9時からゴディバ

 

 隆は早足で駅から会社に急ぎながら、地下街の一角にあるゴディバの店舗にちらりと目を向けた。最近は仕事に追われて、ゴディバのショコリキサーも飲んでない。昼休みに抜けて来ることは不可能ではないが、おそらく混んでいるだろう。カポーティの小説の中のホリー・ゴライトリーは、スターになってディファニーで朝食を食べる日を夢想したが、隆の夢想は平日朝からゆっくりと、ゴディバに入り浸れるような人生である。そう、9時からゴディバで。実際の仕事は、9時から5時までどころではない。セブン・イレブンを超える日さえある。

 ゴディバが「義理チョコをやめよう」と言ってくれたおかげで、隆はバレンタインデーにも、部下のOLたちから義理チョコの一つももらえなくなった。そのためにお返しも一つもしなくて済むようになった。ありがたいことである。

 9時からゴディバに行けば、その名前の由来となったゴダイヴァ夫人(夫であるマーシア伯レオフリックの圧政を諫めるために、コヴェントリーを端から端まで全裸で馬に乗って駆けたと言われる)のように、裸の女性が馬に乗って迎えに来てくれるのではなかろうか。銀座から新橋まで馬に乗って駈け抜けたらさぞ楽しかろう。周囲の民衆もチョコレートの雨あられを投げて祝福してくれるだろう。

 しかしそんな隆の夢想も、書類の山の前では雲散霧消するのである。

 

 薫の理想は平日朝からゆっくりと、ゴディバに入り浸れるような人生である。そう、9時からゴディバで。薫の育った田舎にはゴディバはなかったので、高校を出て東京に出てきた。大学に行くことも考えたが、家にはあまり経済的な余裕はなく、また、勉強も好きではなかったので、高卒で働くことを選んだ。

 東京暮らしは確かに刺激があって楽しかったが、家賃が高いことに閉口した。便利なところで風呂付だと、狭くても8万くらいはした。昼間の仕事ではどんなに働いても、20万くらいがやっとだったから、手取りの半分くらいは家賃に消えてしまうのである。

 学歴も資格もない自分が余裕のある暮らしをするには、結局自分に与えられた唯一の好条件である「若い女性」という属性を切り崩すしか方法はなさそうだった。薫は昼の仕事に加えてまずキャバクラの水商売に入り、そこが水に合わないとなると、あっさり風俗嬢となった。

 今薫は、夜の9時から、ゴダイヴァ夫人のように、裸で木馬に乗っている。残念ながら木馬は自分では動けず、街を駆け抜けることはないので、隆がどれだけ待っても、裸の女性が馬に乗って迎えに来てくれることはなかった。

はりま文化

先月、短篇小説集『あの頃、バブル』(鳥影社)が、毎日新聞に「はりま文化」として紹介されました。私が姫路に住んでいるだけで、舞台ははりま地方ではないのですが(笑)。姫路を舞台にした小説は、これから書きます。

f:id:akehyon:20190331185828j:image

 

ギリギリになってしまいましたが、はてなダイアリーからはてなブログに引っ越しました。今後ともよろしくお願いいたします。

人体実験の哲学

先月に触れたシャマユーの博士論文
ふだんの生活で意識することはあまりないけれど、私たちが享受している医療の進歩の影には、人体実験に供された多数の人々がいる。本人が納得しているならまだましだが、必ずしもそうとは限らない。本書は、そのような医学の裏面に焦点を当てた本。死刑囚や奴隷など、「卑シイ体」と見なされた人々の身体が、様々な実験にさらされてきた。そのありさまを丁寧に描き出す。
例えばリヨンのランティカイム医療施設に収容されていた10歳の子供が、梅毒の実験に使われた。子供を使ったのは、経過観察のためには、これまで性行為をしたことがない体が必要であったからという理由である(p.327)。
また、人種差別論者は、白人と黒人を全く違った人種として扱いながら、こと人体実験になると黒人を使い、その結果を利用していた。つまり、人種差異論は全くの欺瞞であったのである(p.410)。
訳者の加納氏は「訳者あとがき」の中で、この論文がフーコーによる「二項対立図式」からの訣別を図る、エポックメイキングな論文であることを強調している。フーコーが二公対立図式の枠内で思考していたかどうかは、数多の「フーコー学者」からすると議論があるところだろうが、本書が大変な労作であり、かつ、一時代を画する書物であることは疑いないと私も思う。
https://www.amazon.co.jp/asin/dp/4750347280/akehyondiary-22